育毛の成分について | ポラリスNR-07のような育毛剤を買うなら個人輸入サイト!

育毛の成分について

育毛の成分について

並んだ赤系の錠剤

ポラリスNR-07はミノキシジル5%入っているとされ話題となっていました。ちょっとなにいってるかわかんないという人もいるでしょう。ミノキシジルとは一体何でしょうか?

ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけて、毛母の細胞分裂を元気にさせたり、新しい血管を作ったり、損傷した血管を治してくれる効果があるのです。これによって頭皮は「髪を作りやすい状態」になるので、結果として髪が生えやすくなるということになります。

そんなミノキシジルの入っている育毛剤とは、タブレット型と塗るタイプのものがあります。ポラリスNR-07は塗るタイプでしたが、実際にはどちらがいいのでしょうか?飲むことになるタブレットタイプのものは外用薬に比べて効きやすいとされています。それなら内用薬であるタブレットの方がいいんじゃないかと思えるのですが、これには注意が必要です。内用薬は副作用が出やすいという弱点があります。体内に入れるので、どうしても副作用は強く出てしまうのです。そんな副作用は何かというとそれは「性欲減退」…髪がふっさふさになってモテてもそっちがおろそかになるのでは意味がない!という人もいるでしょう。そういった意味でも副作用が出にくい外用薬、つまりポラリスNR-07やその後継商品のように塗るタイプの方がオススメだといえます。

ちなみにミノキシジルは、もともとは1970年代の後期にアメリカで血管拡張剤として開発されて、血圧降下剤として使われていました。ですがその副作用として全身の毛が増えるという現象が起きたので、これって頭にも使えるんじゃないの?ということから育毛剤の治療薬として期待されるようになったという経緯があります。