発毛の仕組み | ポラリスNR-07のような育毛剤を買うなら個人輸入サイト!

発毛の仕組み

発毛の仕組み

薬について説明をしている医師

ポラリスNR-07などの育毛剤によって薄くなった頭を改善することが出来ますが、そもそも髪の毛ってどういった仕組みで生えてきて、そして生えなくなってくるのでしょうか?この薄毛の原因もそんなメカニズムから知ることが出来るかもしれません。

まず髪の毛というのは、、じつはこれ皮膚の一部が変化したものなのです。黒いですし、なんとなく特殊な何かと思っていた人もいると思いますが、じつはそういったものだったのですね。
さて、髪の毛の作られ方ですが、まず最初に毛包が作られることから始まり、毛包が出来たその下にある髪の製造工場に当る毛母細胞で細胞分裂が行われて、髪は成長していきます。髪が生えて成長していくには18種類のアミノ酸が必要だといわれており、それらは毛細血管によって運ばれて行きます。毛母細胞が刺激を受けて細い髪から成長していくのですが、次第に太くて艶のある髪へ変わっていきます。この期間が男性で約3年~5年、女性で約4年~6年だと言われています。
退行期といって、成長は約三週間で止まり、4~6ヶ月で止まります。これを休止期といいます。この時期になると髪は抜け落ちてしまいます。しかし、その下では新しい髪の毛が生まれており、頭皮から顔を出すのを待っています。これを「ヘアサイクル」といいます。このように髪は一定の長さまで長くなると抜けきり、次の髪の毛が育つ…という感じになっているのです。

ストレスによって、これらのサイクルがうまくいかないこと、それが薄くなっていく原因なのです。原因とは毛細血管が詰まってしまい栄養が運ばれなくなるとか、毛穴が傷ついてしまったりというのも原因です。
そうなってしまうと段々抜け落ちる髪に作られる髪が間に合わないので、薄毛になってしまうのです。